札の辻交差点からの東京タワーが美しいので150分撮影した話

生活部

少し前の話ですが Youtube に次は何を投稿しようかな・・・と考えていた時に、以前から気になっていた場所 東京タワー が思い浮かびました。
職場近くに、東京タワーがとても綺麗に見える場所があるんです。
その東京タワーを日が沈む夕方から撮影し始めて、ライトアップが点灯される瞬間、その後の行き交う人々や車の様子を撮影して、早送りで再生したら面白いんじゃないか・・・?
そんな経緯があり、さっそくJR田町駅付近の『札の辻』交差点にある歩道橋へ行ってきました。

この時はまだ2月下旬頃で、風が冷たかったのをよく覚えています。
ぼくの得物はスマートフォン『SONY Xperia SO-01L』のみ。(※三脚忘れたとは言えない)
スマートフォンを手に持ったまま風が吹く歩道橋の上で、我慢の限界まで撮影する覚悟でスタートしました。
その時の様子がこちら。


午後4時40分頃。
陽が暮れはじめたという状態でしょうか。

 

午後5時55分頃。
ついに東京タワーがライトアップされました。
そんなに暗くなっているように見えないと思われるかもしれませんが、実際はもうかなり暗くなっています。
どうやらスマートフォンの自動補正機能が明るくしてくれているようです。

 

午後6時30分頃
夜が進むにつれ、ライトアップが映えてきました。

 

午後19時10分頃
完全に日が落ちて夜になった札の辻交差点付近の状況です。

 
トータル2時間30分くらいの撮影になりました。
『寒さ』と『ジッとしている』こと、がそんなに苦と感じなかったことは自分でも意外でした。
今回撮影した映像はまだ編集中ですが、3月末頃には公開できると思います。

ぜひお楽しみください^^

 

逆説的少女と夢幻の象

コメント

タイトルとURLをコピーしました