地元の川で巨大魚を釣ろうとした結果、衝撃な結末も何もなかった話。

生活部

海釣りを断念したやつが地元の川へ釣りに行った話。

今年の夏期休暇は久しぶりに海釣りへ行こうと決めていました。
釣りの場所は家から車で一時間以上かかるけど、アクセスの良い大磯海岸付近。
ちなみに今までこの大磯付近で釣れたことはまだない。
半分言い訳かもしれないけど、魚を釣ることが目的なんじゃないんです。
天気の良い日に外に出て『何か』を楽しめれば、それでだいたい満足。
その『何か』がとても楽しくて、さらに美味しいゴチソウに化けたら最高だしね。

そんな思いで夏期休暇を待っていたら雨が続いて外出ができず・・・。
この釣りのために物置から釣り道具をひっぱり出して入念にメンテしたし、ラインも新品に交換したのにとても残念だった。

さらに何日か過ぎ、けっきょく海釣りはあきらめました。
準備万端な状態でも移動も含めて半日以上時間を空けるのは、あらゆることを後回しにしたツケに直面している今の自分いはキツい・・・でも釣りはやりたい・・・。
そんなどうでもいい葛藤を経た結果生まれたのが、地元の川にさらっと釣りに行く・・・という妥協案でした。
さてさて。

 
見てください。この川のヌシが大量にいそうな川の様子を・・・

天気はあいにく曇り空でした・・・とことん天気に見放されているわたし。

巨大な流木がポイントに見えるけどルアーが引っかかって最悪だったわ。

車一台が通れる狭い橋。対面から車が来たらもうたいへんな場所。

 
ようやく釣りができるとウキウキで道具をだしたら、ライントラブルで30分くらいカラまった糸と格闘するはめに・・・。
それでも久しぶりにルアーを飛ばせたのはとても楽しかった。
結局アタリも何もなく釣果0で帰宅しましたが、とても満足した一日でした。

逆説的少女と夢幻の象

コメント

タイトルとURLをコピーしました